金券ショップで買取しない理由「使用済みの可能性がある」

金券ショップでは様々なものを買取していますが、amazonギフト券については買取しない店舗も少なくありません。
どうしてギフト券を換金しないかですが、その理由のひとつに使用済みの可能性があることがあげられます。
amazonギフト券というのはitunesギフトカードなどと同じ、実際に使用するのはギフトコードになります。
ギフト券やカードそのものを使用するのではなく、あくまでも番号であり、ギフト券の番号をそれぞれのアカウントに登録することで初めて利用できるようになります。
これはつまり、使用するにはギフトコードが必要であり、そのギフトコードは見えないものでもありますので、本当に未使用かどうかが分からないことが多いのです。
そのため買取しない店舗も存在しているのです。

金券ショップで買取しない理由「アカウントに登録して確認する必要がある」

金券ショップなどの店舗がamazonギフト券を買取しない理由としては、このアカウントの登録もあります。
金券ショップなどの店舗で取り扱いしている商品券やチケットなどは、そのすべてが目に見えるものです。
その一方で、amazonギフト券は目に見えるのものではなく、各自のアカウントに登録して初めて確認できます。
このように登録して初めて未使用かどうかを判別できるので、時間と手前がかかるのです。

金券ショップではカードタイプのギフト券の買取もNGです

金券ショップなどの店舗では目に見える商品は買取してくれますので、カードタイプのamazonギフト券なら良いようなイメージがあります。
amazonギフト券の場合、カードタイプのものはスーパーやコンビニなどで購入できますので、それなりに需要があるはずです。
このタイプであれば判別できそうですが、こちらも答えは同じでNGです。

amazonギフト券を買取している金券ショップもあります

金券ショップなどの店舗ではamazonギフト券の買取は難しいイメージがありますが、買取に応じてくれる店舗もあります。
そのお店ですが、アマゾンギフト新宿西口店や、ロータリーギフト南口店や得得市場小岩店などがあります。
他にもまだありますが、それら店舗であれば買取は可能ですので、試してみる価値があります。
これらお店はインターネットでもリサーチできますので、確認しておくとよいでしょう。

amazonギフト券の買取率について

ギフト券を換金してくれる店舗があることは分かりましたが、それぞれのお店の換金率が気になる人も多いと思います。
ホームページなどを見てみると分かりますが、Eメールタイプや印刷タイプは90%前後、カードタイプやマルチパックは90~91%程度など、それぞれの店舗によって様々です。

自分の目で確認しておきましょう

不要なamazonギフト券の処分方法として、金券ショップなどの買取専用のお店で換金する方法があります。
ただ、お店によっては買取しないところもありますので、注意しておく必要があります。
ギフト券を売る際は、事前にインターネット検索などでリサーチしておくとよいです。
実際に換金してくれるお店もありますので、まずは自分の目で確かめることが大切でしょう。

関連記事