契約する際に換金率が下がった

amazonギフト券買取詐欺の事例としては、この買取率の件も結構多いです。
業者のホームページなどを見てもらうと分かりますが、それぞれのお店で換金率を掲載しています。
高いところもあれば低いところもあり、お店によって様々です。
当然のことかもしれませんが、高い換金率に惹かれて申し込める人も多いのではないかと思います。
そのようなお店に買取の申し込みをした際、換金率を下げられるなどの被害に遭うことがあります。
被害に遭わないためには、事前に買取相場を把握しておくことが大切です。
買取相場を把握しておけば、あまりに高い換金率のお店は怪しいと気づけるはずです。

手数料を請求される

amazonギフト券買取の詐欺の事例としては、この手数料も少なくありません。
それぞれの業者ではホームページなどにサービス内容を掲載しており、手数料もそのひとつになります。
詐欺の例としては、ホームページに掲載していなかった手数料を請求されるなどの事例が見受けられます。
広告費や税金など、様々な名目で最終的な査定価格から大幅に差し引かれることがあるのです。
この場合の対策としては、事前に電話などがサービス内容をしっかりと確認しておくことが大切です。

取引していた会社が消滅する

取引していていた会社が消滅する、これもamazonギフト券買取の詐欺の事例としてあがっています。
amazonギフト券の換金の申し込みをした後、その会社自体の存在がなくなってしまうのです。例えば高い換金率でamazonギフト券の集めた後、ドロンしてしまうというわけです。
この場合、振り込みまで2週間程度かかると利用者に伝え、その前にサイトを閉鎖しているのです。
対策方法としては、ホームページの確認や、実際に振り込まれるまでの期間を把握しておくとよいです。

個人情報を引き抜かれる

amazonギフト券買取の詐欺の事例としては、この個人情報のものも少なくありません。
申と込みをする際に必要になるのが運転免許証など身分証明証であり、この個人情報を相手に盗まれてしまうのです。個人情報を引き抜かれてしまうと、購入していない商品が届いたりオレオレ詐欺に遭ったりなど、様々な被害に遭うこともあります。
対策としては信頼性の確認であり、口コミサイトなどで信頼できるお店なのかチェックしておきましょう。

オークションでの被害

ユーザーの中には業者は信頼できないので、ヤフオクなどのオークションを利用する人もいます。
オークションもよく詐欺が起こっていますので要注意です。
こちらも個人情報を引き抜かれたり、振り込みされなかったりなどの被害事例があります。
そのため、入金確認を行ってからギフト券の番号を伝えるなどの配慮が必要です。

被害に遭わないよう気をつけてください

amazonギフト券買取の詐欺に遭わないためにも、事前にしっかり対策することが大切です。
様々な被害事例がありますので、その事例を把握して、それぞれに合った対策を施す必要があります。ちょっとしたことで被害に遭いますので、日頃から注意して取引するようにしてください。

関連記事