まず買取相場を知ることが大切

近年はプレゼントや会社の景品などでamazonギフト券を使用する機会が多くなってきています。
もし、プレゼントとしてもらったけれど使っていないものや、有効期限が切れそうなamazonギフト券があるならば、ネット上にある買取業者に依頼をするのがおすすめです。

しかし、インターネットでamazonギフト券を取り扱う業者が増えてきているため、どこを選べば良いか迷うこともあると思います。

そういった場合には、いきなり買取を依頼するのではなく、複数のサイトを見て買取相場はどのくらいか把握しておくことが大切です。

相場を知っていれば、サイトが提示している買取率が妥当な額かすぐに分かり、高額買取のサイトを選びやすくなります。

amazonギフト券の買取相場

amazonギフト券を買い取ってもらいたいと考えた時に、買取相場は業者選びの大切なポイントのひとつです。
ネットの売買業者のサイトでは、それぞれ買取率が提示されているため、複数のサイトを見れば大体の買取相場を把握することができます。

現在、amazonギフト券の買取相場は、現在おおよそ85%から93%程度となっています。
サイトによっては、初めての利用者限定の買取率だったり、少額買取は低かったりしますので、注意書きをよく読んで買取依頼をすると良いでしょう。

相場だけではなく、手数料の有無もチェック

amazonギフト券を買い取ってもらいたい際は、相場だけでなく買取業者を選択する前に買取率と手数料を必ずチェックしましょう。
相場よりも高い買取率を提示していても、手数料が発生する場合は注意が必要です。

手数料は銀行の口座へ振り込む時の手数料や、業者の事務手数料などで、買取を依頼しても、買取金額から手数料が引かれてしまいます。そのため、実際に受け取る金額は思ったよりも少なかったという話はよくあります。

amazonギフト券の額面に買取率をかけた金額を受け取ると思っている方もいますが、手数料がかかる場合、手数料を引いた金額が最終的に受け取る金額です。
そのため、それぞれのamazonギフト券買取サイトで手数料の有無や費用をチェックし、受け取る金額をあらかじめ知っておく必要があります。”

手数料はいくつかの項目がある

amazonギフト券の買取相場よりも高く買取額で買い取ってくれるサイトに一見思えても、よく見ると手数料がかかることもあります。

手数料の項目のひとつに振込手数料があります。
これは、インターネットから買い取りを希望する場合に、amazonギフト券を買い取って指定した銀行口座へ入金しますが、その際に発生する振込手数料のことを差します。

その他にも、事務手数料など業者側が買取をするための手数料として、一定の費用がかかるサイトもあります。

手数料がかかる場合には、買取金額から手数料を引いて振り込みを行われるので、予想よりも少ない金額になることがあります。そうならないためにも、相場だけ確認するのではなく、事前に手数料に関して念入りに調べておきましょう。

最終的な金額はサイトで確認することが大切

買取相場よりも高くamazonギフト券を買い取ってくれるサイトがあっても、手数料が高ければ最終的に受け取る金額は低くなることもあります。そのため、実際に受け取る金額はどのくらいかサイトへ確認をすることも大切です。

買取サイトの多くはメールで問い合わせができますので、最終的に得られる金額を聞くことも可能です。便利なサイトでは24時間電話での対応をしているところもあります。
問い合わせをした際に、良心的なサイトなら金額を具体的に伝えてくれることでしょう。
不要となったamazonギフト券の買取を依頼する場合には、信頼できると判断できるサイトを利用することが大切です。

関連記事