古物営業法に違反していない

近年、amazonギフト券の買取を行っているネット買取業者が増えてきています。

手元に余っているamazonギフト券を買取してもらいたいけれど、もしかしたら違法行為ではないか、もし違法なら利用しないと考えている方もいると思います。

結論から言うと、amazonギフト券の買取は違法行為ではありません。
金券を売買しているネット業者のサイトには古物商許可番号を掲載しているところが多いため、許可番号が見当たらないと不安になりますが、実はamazonギフト券は古物営業法上金券に当たらないため、amazonギフト券の買取には許可番号は必要なく、まったく違反ではないので、安心して買取を依頼することができます。

amazonの規約にも違反していない

amazonギフト券を買取してもらうことは、amazon側に違法として扱われるのではないか、という点も気にかかると思います。

amazonギフト券を管理しているamazonの規約には「amazonギフト券を売買してはいけない」といった記載はされていませんので、問題なく買取の依頼を行うことができます。

注意をしたいのは、規約上「最初から換金を目的としてamazonギフト券を購入すること」は違反とされていることです。
この場合にはamazonによってアカウントが停止される可能性があります。

ただ、プレゼントをしてもらったけれども使い道がない、といった最初から換金目的ではないケースでは違反にはなりません。

クレジットカードの規約違反にならない

amazonギフト券をクレジットカードで決済する方も少なからずいると思います。
そういった場合、クレジットカード会社の規約上、違法にあたるかもしれない、考える方もいるでしょう。

もちろん、クレジットカードの場合も、換金目的のためにamazonギフト券を購入することは規約に違反しているとみなされ、停止されることもありえます。

ただ、ギフトとしてもらったり、もともとamazonで使用するためにクレジットカードで購入したamazonギフト券を買取してもらうことは、規約上問題はありません。

必要のないamazonギフト券は売ってしまっても問題ない

当初から換金を目的としてクレジットカードでamazonギフト券を購入すると、クレジットカード会社の規約、amazonの規約どちらにも問題とされ、使用ができないことがあります。

しかし、プレゼントとしてもらったamazonギフト券や、持っていても使う機会がないamazonギフト券を買取してもらうことは違法にはあたりません。

amazonギフト券には有効期限がありますので、必要がないamazonギフト券は買取業者へ依頼をして買い取ってもらうのが得策だといえます。

買取で振り込みがされない場合は違法

不要になったamazonギフト券の買取を依頼した場合、サイトの多くは振り込みのサービスを行っています。
ただこの際にいつまでたっても振り込みがされない場合には違法となります。

サイトの多くは必要な情報を伝えた後に、速やかに振り込みをします。中には1時間以内で振り込みを完了するサイトもあります。

いつまで経っても入金されない場合は刑法の詐欺にあたり違法ですので、もし詐欺だと分かったら、速やかに最寄りの警察、もしくは消費者センターに相談をする必要があります。

違法行為を行わない安心できるサイトを選び、買取を行うようにしましょう。
サイトの安全性を調べるために、電話やメールで問い合わせると安心です。

関連記事